本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

働き方

残業は悪なのか正なのか。成功者を見て考えてみる。

「残業は果たして悪なのか?」 日本には残業を「悪」とも「正」ともしないあいまいな文化があります。 まあ、残業を残業と思わずに働いているのならば、それはそんなに悪いことではないように思うのですが、どうなのでしょう? 本人が好きで働いているのなら…

副業関連のおすすめ本2冊(後編)。

後編では2つほど別の方法をご紹介します。 2. イベント 3. Airbnb 1. どこの物件で始めれば良いか? 2. ゲストが泊まりに来る物件の紹介文はどう書けば良いか? 3. 部屋には何を置けばよいか? 4. ゲスト(泊まりに来る人)とのやり取りはどうすれば良いか?…

副業関連のおすすめ本3冊(前編)。

最近目にした副業関連の記事がちょっと胡散臭かったので、個人的に思うところを少し書きます。僕もサラリーマン時代にいくつか副業をやったことがあるので、参考までに経験をシェアしてみようかと思います。 まずレバレッジが一番良いのは金融商品への「投資…

【人生に関する本の名言】50代からのチャレンジと20代からのチャレンジ。

人生に対する考え方は、人それぞれです。 今日は2つの異なる考え方について考えてみました。 「今を楽しむ。今が楽しければそれで良い」という考え方 「今が楽しければそれで良い!」という考え方があります。 往々にして、こういう方は歳をとるにつれて世の…

就活や転職前に知っておきたい世界の働き方5選と日本のトレンドの話。

(以前の記事の更新版になります) 去年、Facebookのマーク・ザッカーバーグの育児休暇が話題になりました。 FacebookのザッカーバーグCEO、2カ月の育休取得を発表 こちらの育児休暇もそうですが、Googleなどの米国大手IT企業の福利厚生が充実しているのは有…

飛躍の名言3つ!未来の時点で考えられることを、今思い描くことはできない。

本日は「飛躍」に関する本の名言を3つほどご紹介します。 それでは早速行ってみましょう。 あの日失った「自分らしさ」を取り戻す方 銀の匙 スカイ・クロラ

好きなことを仕事にした方が良い3つの理由としない方が良い7つの理由。

先日2つの相反する記事を読みました。1つ目の記事がこちらです。 好きなことを仕事にした方が良い3つの理由 好きなことを仕事にしない方が良い7つの理由 1. 好きなことは変わる可能性があります 生き方に関するおすすめ本

ベストな働き方とは?スウェーデンの6時間労働から、働き方を考えてみた。

唐突ですが、「楽に稼げる仕事」というのは世の中にあるのでしょうか? 短時間労働が良いのか、長時間労働が良いのか、これは仕事に対する価値観の問題なような気がしますが、先日こんな記事を読みました。 スウェーデンは1日6時間労働?! 残業は悪なのか正…

前向きな言葉!前向きになれる本や漫画の名言3選。

本日は読んで前向きになれる本の名言を、独断と偏見で3つほどご紹介します。 それでは早速いってみましょう。 悪の教典 ハチミツとクローバー 風と共に去りぬ

「やりたいこと」と「やりたくないこと」に関する本の名言5選。

多くの人には「やりたいこと」もあれば、「やりたくないこと」もあるように思います。「やりたいこと」が特に見つからないという方もいるかもしれません。 本日は、この「やりたいこと」や「やりたくないこと」に関する名言を5つほどご紹介しようかと思いま…

成功する人のライフスタイルとは?

先日こんな記事を読みました。 toyokeizai.net やばい、自分は完全に家には「寝に帰るだけ」だぞ、と突っ込みをいれたくなった記事でした。読んでみると、上場企業の社長のライフスタイルなどが紹介されているのですが、ポイントは以下の3つでした。 成功者…

人付き合いに疲れた方へ送る、本の名言5選。

ふと金曜日の帰りの満員電車に揺られながら、社内の様子を見てみたところ、何となく日本には「ストレス」というものが、そこら中にふよふよ浮いているような気がしました。 感覚的なものですが、他国ではもっと「自由」な空気が流れているような気が、しなく…

ベンチャー企業に向いてない人の5つの特徴を読み、大企業出身者が思うこと。

先日こんな記事を読みました。 careerpark.jp 大企業でもベンチャーでも働いたことがあるので、個人的に感じるところを書くとすると、この人は「ベンチャーに向いてない」という括りはそんなには無いような気がしています。 大企業からベンチャーやスタート…

何か新しいことを始める時に注意すべきたった一つの心がけ。

先日読んだGlobis知見禄の記事が参考になったのでご紹介しようかと思います。 2016年が始まり、早1か月が経とうとしています。恐らく僕を含めて多くの方々は2016年こそ○○をする!という目標を立てられたりしているのではないでしょうか? ただ、毎年の事です…

ホリエモンの名言から考える、30歳からの生き方とは?

本日は「働き方」や「生き方」に関する本の名言をご紹介しようかと思います。 それでは早速いってみましょう。 30歳過ぎたら利息で暮らせ! サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法 君がオヤジになる前に

社会人3年目を過ぎても急速に成長する方法。

先日こんな記事を読みました。DeNAの南場さんが5年も追い続けた若手経営者の前田さんのマネジメント術の記事です。 m.huffpost.com 非常に参考になるお話が多かったので、今日はこのような社員教育や人の成長に関して考えてみました。 「研修」って本当に有…

ファシリテーションを学ぼう!会議の生産性を上げる厳選5冊!

最近こんな記事を読みました。 会議のテクニック logmi.j 多くの人が人生で一度は「この会議無駄だなぁ…」と思ったことがあるのでは無いでしょうか?中には「しゅっちゅうです」と言う方もいらっしゃるかもしれません。 今日はそんな会議の生産性を上げるた…

【Quick & Dirty】残業しない仕事術。仕事の生産性を上げるクイックアンドダーティーのすすめ。

以前このような本が出版されて話題になりました。 結果を出して定時に帰る時間術 posted with ヨメレバ 小室 淑恵 成美堂出版 2015-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 本の内容に関しては賛否両論なので特段コメントは控えますが、以前の記事でもご紹介したよう…

「それ俺も思いついてたんだよね!」という行動力の無い人間にだけは絶対になりたくない。

朝から「あ~確かに」と思った記事があったのでご紹介しようかと思います。 君の「10億ドルを生むアイディア」には1円の価値すらない【寄稿】 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) 時間をかけ、自ら動いて努力をする決意ができている人にとって、アイディアは価値…

「メール返信が遅い=仕事ができない」の9割は正しい?CEOが採用するメール返信の極意とは?

良く、仕事ができる人は「メールの返信が早い」という話があります。確かに、僕も以前企業で働いていた時はそのような印象を持っていました。 仕事ができる人に連絡をすると、彼らは即座に回答ができないことでも、「メールを確認致しました。○○までにご回答…

「リモートイヤー」とは?在宅勤務やリモートワークよりも面白い?

今日は2016年に入ってから、東京では初めて結構雪が降りました。 朝から交通網は大混乱です。そんな中、インターネット系の企業の多くは早速「在宅勤務(リモートワーク)」を導入していました。 この「在宅勤務」こと、「リモートワーク」ですが、以前リク…

海外の教育と日本の教育の違い?子供は私立と公立のどっちに行かせるべき?

ちょうどセンター試験が始まったこともあるので、今日は仕事の前段階の「教育」の部分について書きたいと思う。 最近やたらと「中高一貫校」が流行っている気がする。 toyokeizai.net 確かに日本の受験戦争において「中高一貫校」が有利なのは事実だが、そも…

「仕事が上手くいかないとプライベートも充実しない」というワークライフバランスの矛盾。

先日働き方の変革に関する記事を読みました。 logmi.jp なんだか最近はこの「ワークライフバランス」が声高に叫ばれている気がします。 先月ちょうどワークライフバランスの小室さんも本を出されていました。 女性活躍 最強の戦略 (日経DUALの本) 確かにだら…

中国経済崩壊前にすべき事を、ホリエモンのスピーチから考えてみた。

最近中国経済が話題です。 business.nikkeibp.co.jp 2016年は確実に中国に振り回される1年となる予感がします。 気づいたら日本よりも遥かに世界の中で存在感を示すようになっていた中国ですが、中国に関しては以前このような本がありました。 中国とアメリ…

頭の固い「おっさん」への対処方法をお伝えする。

会社には、大抵「おっさん」が存在する。 そう、あの頭の固い「おっさん」だ。もちろんそうじゃない「おっさん」も存在する。いわゆる理想の上司みたいな素敵な「おっさん」だ。 だが、大概のおっさんは、やっぱりただのおっさんで、頭が固くて独りよがりだ…

FacebookなどのSNSでの付き合いが楽になる方法。

先日こんな記事を読みました。 www.huffingtonpost.jp これを読んだ感想としては、まあ確かに削除するのもありなんですが、その後の人間関係を考えると、中々削除にまでは踏み切れない方が多いのではないでしょうか? 特に職場の人と嫌々Facebookフレンドに…

転職が上手くいく人といかない人との違い。

何だかここ数年転職の相談をされることが多くなってきたのですが、社会人3~5年目というのはどうやら非常に転職を考える時期のようです。 世の中にはエンジニアのように手に職を持っている人は少なく、特段専門的なスキルを保有していない人の方が多いかと思…

ホリエモンのスピーチから考えるブログの効用と発信する大切さ。

先日NewsPicksでホリエモンの近畿大学卒業式のスピーチが話題になりました。 www.youtube.com このスピーチを見て改めて気づかされたのが、「世界中から情報収集をして、自分で考えて発信していく」ことの効用です。 ブログを書いて発信することで自分の意見…

世界には2種類の人しかいないという話。

今回はこの「世界には2種類の人しかいない」論について書きたいと思う。 僕がこの「世界には2種類の人しかいない」を感じたのは、以前「ミシェル・チクワニネ」さんという方の講演を聞いたことがきっかけだ。

就活前に知っておきたい、就活の面接や転職における3つのウソ。

先日就活のニュースを見かけた。 どうやら昨年は採用選考を4月から8月に後ろ倒ししたことで混乱を招いたので、今年はその中間の6月にするとのことだ。 www.sankei.com 頭の固いおっさん達によって、何故か6月という謎な決定が下されたが、いろいろと振り回さ…

ホリエモンの本から職場の人間関係や人付き合いが楽になる方法について考えてみた。

前回の記事でもホリエモンの記事を引用したが、今回も面白かったので取り上げることにした。主に「できない言い訳をする人」について書いてあったが、後半部分の「人間関係が楽になるコツ」も面白かったので紹介したいと思う。 toyokeizai.net 凡人は「バラ…

仕事ができる人できない人。挑戦する人しない人。成長する人しない人。3つの共通項を考察してみた。

ふと最近の若者に関する気になる記事を読んだのでご紹介します。 意識高い系は素晴らしいのか? マッキンゼーにおけるプロのマインドセット 仕事はできる人のレベルに合わせろ。そうしないと組織は腐る アウトプットできる価値を高めるには自分にストレスを…

考え方をちょっと変えるだけで、仕事の自由度が増して作業スピードも格段に上がるって話。

今日はたまたま読んだ記事を共有しようかと思います。 なぜみんな本音を言わないの? という話です。 ホリエモンの記事 本音で生きる とにかく止める、何かを止める。

「起業」するのは簡単だけれども「成功」し続けるのは難しい。

今日は最近日本でも若干ブーム?になっているように感じる「起業」について書きたいと思います。 起業するのは簡単 そもそも成功って何? 著名投資家ウォーレン・バフェット 学び続ける大切さ 成功するためには「Learning Animal」であれ バフェットの銘柄選…

個人の力がますます強くなる。ホリエモンの「本音で生きる」から学んだこと。

最近インターネット革命によって、「個人の力」がますます強くなってきているなと感じています。 今後はもしかしたら企業が個人を選ぶのではなく、個人が企業を渡り歩く「フリーランス」としての働き方のような形態が増えていくのかもしれません。 そんなこ…

20代で数億円以上稼いで引退する方法を考えてみた。

気付けば2015年も残り僅かで、色々と世間では2015年の振り返りの記事が出始めました。僕も20代半ばを過ぎ、色々と人生について考えてみました。 この人生について考える話ですが、個人的には常に「自分はどういう人生を生きたいのか?」を考えた方が良いと思…

日本で起業するのは「リスク」?大前研一氏の名著と共に考えてみた。

先日記事が「Smartnews」さんに掲載されたりと反響がありましたので、今日は再び「起業」に関する記事を書こうかと思います。 そもそもリスクって何? 起業するリスクは取れないという話 日本で起業するのにリスクなんてほぼ無い? 「競争」という観点での難…

元マッキンゼー大前研一氏の「人が変わる」ことに関する名言。

昨日ちょっと面白い記事があったのでシェアします。 thestartup.jp まあ要は、肌感覚から言って起業すると言ってる人の9割ぐらいは起業しないって話です。 個人的な経験からも、それぐらいな気がします。これを読んで思ったのですが、これと同じことが「今年…

就活における「入社前の求める人材像」と「入社後に求められる人材」が違う件。

こちらの記事がちょっと話題になっていましたので取り上げてみました。 世界一「チャレンジしない」日本の20代 そもそも日本ではチャレンジする必要性が無い 世界一奇妙な日本の採用活動 ホリエモンが提唱する新しい生き方