本の名言とおすすめの本

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

3分で誰でも簡単にエクセル(Excel)資料をキレイに作る方法。関数なんて大嫌い(前編)。

f:id:businessdeawee:20160104140657p:plain今日はエクセル(Microsoft Excel)について書きます。

僕は元々はエクセルが嫌いでした。

関数って何?絶対参照って何?マクロ?それ美味しいの?って感じで、できればエクセルには触れずに一生終わりたいと思っていました。

とっとと誰かエクセルより便利な資料作成ツールを作ってくれよみたいな感じでした。

なので、今日は以前の僕と同じように、エクセルが嫌いなそこのあなたに、「=SUBSTITUTE(ADDRESS(1,COLUMN()-1,4),1,)」などの意味不明な関数は一切使わずに、シンプルに見やすい資料の作り方をご紹介します。

平均年収が高い企業ランキングの図

上場企業版!「平均年収が高い」500社 | 賃金・生涯給料ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 

今回はこちらの「平均年収が高い企業ランキング」の図を用いて解説しようかと思います。1位から10位の会社を、単純にエクセルにぽこぽこ入れると下記の図のようになります。

f:id:businessdeawee:20160104124602p:plain

これでは当然ながら非常に見にくいです。もはや何が書いてあるか分かりません。ですが、以前の僕はこれぐらいのレベルの資料しか作れませんでした。

そこで、今日は現在これぐらいのレベルの資料しか作れない!という方でも、見やすい資料を作るための3つのコツをご紹介します。 

1. 幅をそろえる

まずはこのように選択します。

f:id:businessdeawee:20160104125543p:plain

次に「Alt + O +C + A」を押します。

f:id:businessdeawee:20160104125623p:plain

そうするとこういう風に幅がそろいます。誰でもできます。

2. 罫線を引く

次に、再びこのように選択します。

f:id:businessdeawee:20160104125848p:plain

「Alt + H + B + A」を押します。

f:id:businessdeawee:20160104130023p:plain

そうすると、こういう風に罫線が引かれます。段々表っぽくなってきました。

3. フォントを変えて色を付ける

そこで、再びこのように選択している状態から、

f:id:businessdeawee:20160104125848p:plain

「Alt + H + F + F」を押し、「↓」ボタンを押して「Meiryo UI」というフォントを選びます。

f:id:businessdeawee:20160104142325p:plain

そうすると、こういう感じの見栄えになります。

続いて、表の上部にある「順位」などの「項目名」部分のみを選択します。

f:id:businessdeawee:20160104142523p:plain

「Alt + H + H」を押して背景に「黒色」を選択し、「Alt + H + FC」を押して文字には「白色」を選択します。

f:id:businessdeawee:20160104142813p:plain

こうすると、大分表が見やすくなります。関数が分からなくてもそれっぽいです。

ちょっと前編はエクセルのショートカット紹介みたいになっちゃいましたので、後編ではそれ以外のチップスも含めながら書いていきたいと思います。

ちなみに冒頭でご紹介した関数を、図の上に入れるとこのように順番にアルファベットが挿入されていきます↓

f:id:businessdeawee:20160104144024p:plain

最後にエクセル関連の推薦図書を掲載しておきます。

エクセル関連のお勧め書籍一覧

Excel初心者向け

Excelの知識が全く無い方にはこちらの2冊がお勧めです。

Excel中級者向け

こちらはある程度の知識があり、統計分析に関心のある方にお勧めの1冊です。

それでは今日はこの辺で。

広告を非表示にする