本の名言とおすすめの本

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

転職が上手くいく人といかない人との違い。

f:id:businessdeawee:20160108142246j:plain

何だかここ数年転職の相談をされることが多くなってきたのですが、社会人3~5年目というのはどうやら非常に転職を考える時期のようです。

世の中にはエンジニアのように手に職を持っている人は少なく、特段専門的なスキルを保有していない人の方が多いかと思います。

ですので、転職しようにも踏ん切りがつかない!という方が多いらしく、つい最近も大企業時代の同期から、転職相談の電話がかかってきたりしました。

就活における「本音と建て前」合戦はいつ終わるのか?

ふと先日Newspicksで気になる記事を見かけたので、少しだけ抜粋してご紹介します。

business.nikkeibp.co.jp

だからといって、特段、突拍子もないことを聞きたいとは思っていません。

例えば、アルバイト先で売り上げを伸ばした話や所属するサークルのチームが強くなった話など、等身大で良いと思いますし、特にどれが正解、といった類の話ではありません。

さらに言えば、体育会の活動がバイトやサークルよりもインパクトがある、といった序列もありません。内容次第だと思います。

こちらは「志望動機」についての話だったのですが、人事業務の裏側を知っている自分としては、この発言が「いかにメディアのために用意されたセリフか」というのを痛切に感じざるを得ませんでした(※東京海上さんを否定するつもりはありません)。

就活生の方はこういうネット上に載ってる話を真に受けてしまうのではなく、社会人の方に内情を聞いた方が良いかと思います。

そもそも学生にこういう変な期待を持たせずに、「東大卒の体育会系はめっちゃ優遇してますし、入社後も出世コースを歩ませるつもりです。」ってはっきり言っちゃった方が個人的には分かりやすいと思うんですけどね。財閥系では自明の事実ですし。

その世界の範囲内でしか物事を考えることはできない?

先日厚切りジェイソンさんがこんなことを言っていました。

logmi.jp

ジェイソン:いや、日本の新卒採用はかなりおかしいと思いますよね。「大手に入りたい、ここで面接します」となるんだけど、そのあと何をやるのかは、その会社が勝手に決めるわけですよね。

アメリカだと、こういうものを4年間大学で専門してずっと勉強してきたから、すぐ活躍できるようにこういう仕事をやるために、ここと面接しますと。それは根本的な違いですね。

大手に入ってから、もう1回完全に教育を受け直す時間はすごい無駄ですし、効率悪いですよ。

アメリカだとそういうのを大学でもう習ってるから、いきなりこういうようなプロジェクト、真面目なプロジェクトに入ってもらってます。

日本の新卒採用はどう考えてもおかしいんですが、でもその就活しか知らないと、そのおかしさは分からないんですよね。

これは大企業に勤めていても同じことで、その企業にしか勤めたことがないと、比較ができないので、そのおかしさはずっと分からないままです。

もちろん会社や職種によっては様々な企業に常駐できたり、出向できたりするので、そのような経験がある方は比較ができるようになりますが。

日本の大企業の裏側

ちなみに以前こんな記事を書きました。結構「裏側」を暴露していますので、就活生の方には就活前に読んでおいて欲しい記事です。

金融機関の「裏側」や「出世の秘訣」5選。転職や就活の前に知っておくべき意外な事実。 

金融機関の知られざる事実。転職や就活の前に知っておきたい裏側5選。

転職が上手くいく人いかない人

冒頭の話に戻りますが、個人的に何となく「転職が上手くいく人といかない人」というのは相談を受けた時点で結構分かる気がしています。

上手くいく人は、簡単に言ってしまえば「キャリアアップ」を目指していたり、「違うスキルを身に着けたい」「違う仕事をやってみたい」という前向きな単語から相談が始まります。

f:id:businessdeawee:20160108153059j:plain

一方、上手くいかない人は、「特段他にやりたいことは特に決まっていないが、現状が嫌なので転職したい。でも待遇が下がりすぎるのは嫌だし、ハードワークも嫌。そこそこで良いんだよなぁ」みたいな人です。

僕は、世の中はトレードオフだと考えているので、何かを得るには何かを捨てないといけないと思っています。

なので「そんなに忙しくなくて、待遇も前とそんなに変わんなくて、知名度もあってなんちゃらかんちゃら」みたいに言っている友人がいたなら、はっきり言ってあげた方が良いかと思います。

 

「そんな企業は無い」と。

 

前向きな転職の勧め

最近はこのような第二新卒向けの転職サイト(書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】)も良く見かけるようになってきたので、以前より日本でも転職が一般的なものになってきたように思います。

そして最近は転職することで50万円ももらえたりもするみたいですね。

是非転職を考えている人は「前向き」に検討してみてはいかがでしょうか?

広告を非表示にする