本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

FacebookなどのSNSでの付き合いが楽になる方法。

スポンサーリンク

f:id:businessdeawee:20160109234927j:plain

 先日こんな記事を読みました。

www.huffingtonpost.jp

これを読んだ感想としては、まあ確かに削除するのもありなんですが、その後の人間関係を考えると、中々削除にまでは踏み切れない方が多いのではないでしょうか?

特に職場の人と嫌々Facebookフレンドになってしまった場合など、中々削除しずらいんじゃないかと思います。今回は、そんな方々にもすぐできるお勧めの方法をご紹介します。

Facebookはフォロー解除で対応

ご存知の方も多いかとは思いますが、Facebookでの第一段階でのストレス軽減方法は、「フォロー解除」です。流れてくるタイムラインが不快な内容のものが多い人は、とっととフォローを解除してストレスが少ない生活にしましょう。

www.facebook.com

ちなみに最近のFacebookのセキュリティは非常に高度で、投稿の公開範囲をカスタマイズしたり、コメントの受付をカスタマイズしたりと、苦手な人たちへの対処方法が満載です。

SNSの利用時間は年々増加傾向。中々逃れられない現実

こちらの総務省のデータからも、特に20代のSNSの利用時間はますます増加していることが分かります。

www.soumu.go.jp

概要だけ抜粋しても以下のような状況です。

  • モバイル機器からのインターネット平均利用時間は50.5分(平日)。平成24年調査から34%増加。
  • ソーシャルメディアの利用率が全体で6割超(20代95.0%、30代82.6%、40代70.3%、50代45.9%)
  • ソーシャルメディアを利用した者の利用時間は平均70.9分(平日)で前年並み。利用者数が増加。

確かに、ふと自分のことを考えても、1日に1時間以上はソーシャルメディアを利用している気がします。特にFacebookやTwitterは自分だけに最適化された情報収集ツールともなっていますので、中々離れることもできない状態です。

そのような状態ですので「一切使わない!」と遮断すると色々と不都合も生じたりしますので、上手く付き合っていくのが得策なような気がしています。

LINEは「会話削除」で対応

ちなみにLINEでのお勧めの方法は「会話を削除する」という方法です。

LINEはグループの会話を削除すると「○○さんが退出しました」と出てしまいますが、2人の会話であればそのような表示は出ませんので、忘れたい人の事はとっとと削除して忘れてしまいましょう(おい。

f:id:businessdeawee:20160110143858j:plain

まあ、先日のホリエモンの話じゃないですが、周りの人々は、あなたが想像しているよりも、はるかにあなたに関心はありません。

多くの人にとって一番関心があるのは自分です。

ですので、もういらないプライドはとっとと捨てて、「別に誰にどう思われようが気にしない」姿勢で、微妙なLINEグループからはとっとと退出してしまうというのが、実は一番ストレスを増やさない方法なのかもしれません。

ホリエモンの言うように「下手なプライド」は捨てた方が良いということでしょう。

中々そうは言っても…

中々そうは言っても、現状のコミュニティから抜けるのは「勇気」がいるとの声もちらほら聞きます。

ですが、それに必要なのは「勇気」というよりも「プライドを捨てる」ことであることが、結構多い気がしています。僕自身の経験からも「下手なプライド」は捨てると、結構生きていくのが楽です。ある意味怖いものも無くなっていきます。

先日こんな記事を読みました。

www.huffingtonpost.jp

こちらは、ドナーのために肝臓移植手術を受けた男性と、そのドナーである女性が恋愛に発展し、遂には結婚されたというお話です。

「もし自分がヘザーの立場で、自分が生きていけるか分からない状況だったらどういう感じだろうと考えました」

 

クリスはハフポストUS版の取材に対して述べた。

 

「そして自分に言い聞かせたんです。やるしかないだろう、と」

一部記事から抜粋しましたが、このクリスさんは非常に「勇気」のある人で、僕には到底真似できない芸当だと思いました。

例えばこのような「勇気」に関する比較をしてみると、このクリスさんの「勇気」に比べたら、LINEグループを退出する「勇気」はそんなに大きなものではないように思えてきたりします。要は「何かと比べてみる」ことで楽になれるのかもしれません。

適度な自己肯定感は必要

先日こんな記事も読みました。

biz-shinri.com

どうやら、「自己肯定感」が低すぎると幸せになりにくいとのことなのですが、なんと、日本の高校生の72%が自分をダメ人間だと思うことがあるようです。これだけ経済的には恵まれている日本なのですが、非常に自己肯定感が低い若者で溢れいてる国のようです。

個人的にはこの適度な「自己肯定感」も、SNS疲れしないポイントかと思っています。下手なプライドを捨てる一方で、変な自信や根拠のない自身を自分自身に植え付けるというのも、人生を楽しく生きる秘訣のような気がしています。結局自分を一番信じれるのも、また自分なのかもしれません。

ちなみに、このような「人生を楽しく生きる」ヒントについてはちきりんさんの本がお勧めです。ではでは。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

広告を非表示にする