本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

ホリエモンの名言から考える、30歳からの生き方とは?

スポンサーリンク

f:id:businessdeawee:20160127110239j:plain

本日は「働き方」や「生き方」に関する本の名言をご紹介しようかと思います。

それでは早速いってみましょう。

30歳過ぎたら利息で暮らせ!

ルールを設けると、行動が変わる。行動が変わると、自分が変わる。自分が変わると、周囲が変わる。この法則を忘れないでください(30過ぎたら利息で暮らせ! / 原尻淳一)  

本自体は「副業のススメ」みたいな内容が書かれていますが、「習慣がその人を作り、習慣でしか人は変われない」というのは確かなのかもしません。

ただ、自分が変わっても周囲の人が変わるかどうかは分からないような気がします。個人的には「自分が変わっていくと、付き合う人も変わっていく」と言った方が、しっくりきます。

そして、自分を変えるためには、自分が属する環境を変えて、習慣を変える方が一番手っ取り早いように思えます。自分の意志でルールを決めて、それを実践できる人は少なそうですよね。

サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

自由な選択ができるのはきちんと準備をしてきた人だけ。(サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法 / 立花岳志) 

こういう「サラリーマンだけが○○」みたいな本も良く見かける気がします。

正直、サラリーマンでもその仕事が好きだから続けている人というのもいますよね。

前職時代にもう働かなくても良いぐらいの副収入を得ている人がいましたが、その人は仕事が好きだから続けていました。きっと天職なのでしょう。

もちろん著者のようにサラリーマンをやり続けてから独立する人も多いように思います。

僕の前前職にはそのような方が多かったように思います。

20年近くサラリーマンをやりながら準備を続け、金銭的に稼ぐ必要が無くなった後に退職するというやり方です。

長年かけて準備をしてから飛び出すのか、まず飛び出して追い込まれてズタボロになってそこからはい上がっていくのか、自分の好きなように生きたら良い気がします。

君がオヤジになる前に 

そして最後に、有名なホリエモンこと堀江貴文さんの言葉で締めたいと思います。

与えられた選択肢の中で、面白い方を取りながら、突き進む人生と。

何十年かの自分の未来予想図にビクビクしながら過ごす人生と。

どっちが幸せか。(君がオヤジになる前に / 堀江貴文)

以前何かの記事でホリエモンが「人と違うことをした方が、結果的には得なことが多い」という話をしていました。

確かに、それはあるかもなぁと最近良く感じたりしています。ただ、ウォーレンバフェットが言うように、僕はこの格言が今のところ一番好きです。

『成功とは、いいと思うものを得ること。 幸福とは、得るものをいいと思うこと』

変なプライドを捨てて、他人からの目を気にしなくなると、色々と人生の選択肢が広がることは確かなのかもしれません。 それでは今日はこの辺で。

広告を非表示にする