本の名言とおすすめの本

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

何か新しいことを始める時に注意すべきたった一つの心がけ。

f:id:businessdeawee:20160128121325j:plain

先日読んだGlobis知見禄の記事が参考になったのでご紹介しようかと思います。

2016年が始まり、早1か月が経とうとしています。恐らく僕を含めて多くの方々は2016年こそ○○をする!という目標を立てられたりしているのではないでしょうか?

ただ、毎年の事ですが早くも挫折されている方をちらほら見かけます。本日はこの「何か新しいことを始める時に注意すべきこと」をご紹介しようかと思います。

プライオリティを変更する

先日堀さんが書かれていた記事が非常に参考になったのでご紹介しようかと思います。

毎日大量のSNSコメントをし続けるコツは? | GLOBIS 知見録 

新しいことを始めるためには、プライオリティを変更することが重要です。つまりやることを決めたら、その分だけプライオリティが低いことをやらないと決める必要があります。

このアンサーは、ダボス会議からの帰りの機内で書いています。映画を視る時間を削って書いています。何かを捨てなければならないのです。

そして、最後に重要なことは期限を切ることです。飽きてしまうからです。このアンサーは、1年間は続けます。来年はやるかどうかはわからないです。1年間だとコメントを書き続けられます。  

プライオリティを変更することは、忘れがちですが非常に大切だと思いました。また、1日は24時間で不変ですので、何か新しいことを始めれば、その分何かを止めないといけないのでしょう。

そして、個人的に参考になったのは、この「期限を切る」という方法です。確かに終わりが決まっていたら人は頑張れるように思えます。

堀さんの最新著書

毎日同じ服を着てみる

そうは言っても何を止めようかなぁと思って、ふと思い出したのがこちらです。

www.huffingtonpost.jp

ザッカーバーグやスティーブ・ジョブズなど、世界的な著名人は、毎日同じ服を着ていたりします。どうやらオバマ大統領も来ている服は同じようです。

また、仕事以外の意思決定の回数を少なくしたいという考えを示し、「できるだけ決断の数を少なくしたい。朝食に何を食べるかとか、どんな服を着るかとかいう小さい決断は、エネルギーを消費する」と述べた。

ザッカーバーグ氏は、Apple創業者のスティーブ·ジョブズ氏やオバマ大統領をあげ、彼らも衣装を選ぶ際には同様の理論を持っていると指摘した。

確かに、「決断」にはエネルギーがいりますし、時間もかかります。そういった意味では、「服を選ぶ時間をなくす」ことで時間を作れるのかもしれません。

ただ、企業に勤めていると毎日全く同じ服というのも中々やりづらいかと思うので、いっそのことローテーションを決めてしまったり、靴下は全部同じにしてしまう等がやりやすいのかもしれません。塵も積もれば山となり、結構多くの人はこの「身だしなみ」に時間を奪われすぎているような気もします。

ザッカーバーグ関連のおすすめ本

飲み会に行かないことを決意する

以前このような本が話題になりました。

この本はこの本で面白かったですし、日系企業においては的を得ている部分も多いように思われます。また、もちろん人脈形成の上で有益な飲み会というのも存在すると思ういます。 ただ、結局のところ、多くの飲み会は休息にしかならない気がしています。なので、休息と割り切って飲み会に参加するのは良いと思います。 ですが、世の中はトレードオフなので、何か新しいことを初めて何かを手に入れようとするのであれば、何かを捨てなければ手に入れることはできないでしょう。個人的には、時間を作るために始めやすいのが、この「飲み会に行かない」ことな気がしています。

f:id:businessdeawee:20160128114456j:plain

何も捨てないで何か成果を手に入れることができる人も、もちろん世の中には存在します。ただ、その人達は天才であり、自分が天才でないと気づいた時点で、何かを捨てる決意をしなければならないのでしょう。 凡人である限り、何かを捨てなければ人が成果を得ることは無いのだろうと思います。それでは今日はこの辺で。

広告を非表示にする