本の名言とおすすめの本

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

【人生に関する本の名言】50代からのチャレンジと20代からのチャレンジ。

f:id:businessdeawee:20160211105956j:plain

人生に対する考え方は、人それぞれです。

今日は2つの異なる考え方について考えてみました。

「今を楽しむ。今が楽しければそれで良い」という考え方

「今が楽しければそれで良い!」という考え方があります。

往々にして、こういう方は歳をとるにつれて世の中に不満を言うようになる傾向があるような気がしないでもないのですが、上手くやる人も中にはいるように思います。

そんな方に合いそうなのか、こちらの名言です。

時にはのんびり人生を楽しむ

人生には、ツキの流れがある。自分にツキのないと感じるときには、思い切ってなにもせず、のんびり人生を楽しむことだ。

(ユダヤ人大富豪の教え / 本田健) 

気づいたら年をとりすぎてしまっていた?

だれだって初めは経験不足でだんだんと経験をつんでいくんだ。

ただ十分な経験をつむまで、たいてい年をとりすぎてしまうのさ。

(プロフェッショナルマネジャー / ハロルド・ジェニーン)

これは起業や何かへのチャレンジに対する「準備」の話に似ています。

例えば、起業するためにまだ準備が整っていないので、経験を積むという話です。

その準備が完全に整うことは一生無いので、先延ばしにすることによって、結局チャレンジできずに終わるという話です。

ただ、ライフネット生命の出口さんが言ってたような気がしますが、「チャレンジするのに年齢は関係ない」というのは確かでしょう。

ですが、やはり若い人の方が「若さ」というエネルギーがあります。

チャレンジしようという意欲は、年をとるにつれて無くなってしまうというのも、一つの真理でしょう。

「人生は短いからやりたいことをやって生きる」という考え方

僕が上の本の名言を見て改めて思ったのは、「人生は短い」ということです。

「明日死ぬかもしれない、だから自分は今やりたいことをやる」という考え方があります。僕自身は、どちらかというとこちらに近いような気がしています。

ちなみに「やりたいことが見つからない」という方にはこちらがおすすめです。

GMO熊谷氏の記事と本

logmi.jp

 

「明日死ぬとしたら何をしたいか?」

そこにやりたいことのヒントも隠れているように思います。

ちなみにこのような考え方は、故スティーブジョブズも言っています。

スティーブジョブズの名言

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

- Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ) -

それでは今日はこの辺で、また次回の名言をお楽しみに。

広告を非表示にする