本の名言とおすすめの本

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

セブンイレブンの「ドーナツ戦争」開始から早1年。勝敗はいかに・・・?

f:id:tokyo-deawee:20151207105324p:plain

皆さんは「ドーナツ戦争」をご存知でしょうか?

biz-journal.jp

2014年11月27日は、コンビニエンスストアチェーン最大手セブン-イレブンさんが来年から本格的にドーナツの販売に乗り出すことを発表した、記念すべき日でした。そこで今回は、約1年たった今の勝敗を調べてみることにしました。

セブンイレブン恐るべし

はい、結論から言うとやはりセブンさんが大変な脅威になっているようです。

www.sankei.com

ミスドファンの筆者としては悲しい限りですが、セブンさん凄いですね。でも少し調べてみると、そもそもミスタードーナツ(国内)店舗の売上は年々減少していました。そんなみんなドーナツ好きでもないんですね。

コンビニなどが増えてきて、テイクアウト数も減少してしまったという考察もあるようです。

 

 

そして、直近の2016年3月期の第2四半期決算短信には「ミスド以外のフードグループは好調だよ」と堂々と書かれておりました。なんだか少し切ないです。

でもよくよく考えてみると、そもそも味も値段も違うよね

diamond.jp

この記事にもあるように、実際に食べてみると、ドーナツの見た目はそっくりなのですが、セブンの方が甘さ控えめで、あっさり味であり、セブンは1個100~110円で、ミスドよりも数十円安いことに気づきます。確かに食べてみるとミスドの方が全然甘いですよね。

そして、個人的に違いを感じたのが記事の中にあった次の一節。

セブンが重視するのは「定番商品」であり、毎日食べても飽きないという観点で選ばれたのが、現在のラインナップだという。

確かに・・・

ミスドは毎日通うと飽きちゃいますよね。たまに食べるから美味しく感じるんですねああいうのは。それでも個人的にホットのカフェオレやコーヒーが飲み放題な点や、最近Rポイントカードに移行した点は良いと思いますが。

それにしても、思えばコンビニATMを最初に導入したのもセブンさんであり、100円コーヒーを最初に導入したのもセブンさんであり、実はクリーニングなんかもちゃっかりやっているのもセブンさんだったりと、セブンさんはいつでも先進的であり、既に日本国内のインフラと化しているように感じられます。

セブンイレブンの強さの秘訣は?

そんなセブンさんの強さの秘訣は何なのか?と色々と調べてみたところ、どうやらこちらの本に内容が上手く纏まっておりました。

新商品開発時の工夫や、現場と本部のやり取りの仕方、創業者の経営論などなど内容盛り沢山です。

企画のお仕事をされている方などに参考になる情報がつまっているかと思いますのでお勧めです。

広告を非表示にする