本の名言とおすすめの本

本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

ビブリオバトルやプレゼン練習を通して学んだこと。

f:id:businessdeawee:20160628173554j:plain

ビブリオバトルやプレゼン練習から学んだことを書いておきます。

そもそもビブリオバトルとは?

まず、ビブリオバトルとは、一言でいうと「参加者が各々好きな本を持ち寄り、5分でその魅力を伝え合う」ゲームです。

www.bibliobattle.jp

こちらのビブリオバトルを何度かやってみたので、その体験から学んだことを書いておこうかと思います。

ちなみにビブリオバトルの詳細についてはこちらの本がお勧めです。

5分の制限時間で本の魅力を伝える難しさ

5分という時間で本の魅力を伝えるというのは中々難しいです。

やはりいざ発表の場に立ってみると当初用意していた内容を思い通りに話せません。

思っていたより「5分」は短く、情報の取捨選択はひとつのポイントだと思いました。

また、実際に行ってみて改めて実感したことは、他の方のプレゼンを観るのは非常に勉強になるということです。良かったところを自分に取り入れ、より実力を高めていきたい次第です。

ビブリオバトルの効用と注意点

ビブリオバトルは、パワーポイントなどの資料を用いたプレゼンではありませんが、「人前に立って話すことに慣れる」という点で、貴重な練習の機会になるかと思います。

f:id:businessdeawee:20160628173743j:plain

他の参加者の方々については、皆さん初めてのビブリオバトル参加とのことでしたが、人によって発表スタイルの違いや表現の巧拙はありますが、「この本の魅力を伝えるぞ」という想いに沿ったお話をきちんとされていたように思います。

月並みなことを言えば、結局のところプレゼンやビブリオバトルで本を紹介する際は【目的を意識する】というのがポイントになるのではないでしょうか。

ビブリオバトルの良い点

また、ビブリオバトルを実施してみての感想ですが、個人的に良いなと思う点が3点ありました。

  1. 気軽に参加できる(資料の事前用意が不要)
  2. 自分では中々選ばないであろう新しい本との出会いがある
  3. 色んな方のプレゼン・考えに触れられる

プレゼン練習というとパワーポイントなどの資料を用いたものを想像されるかもしれませんが、ビブリオバトルは「人前に立って話すことに慣れる」「とにかく場数を踏みたい」という方の導入として最適だと思います。

f:id:businessdeawee:20160628174637p:plain

実際にプレゼンをしていると自分の弱点・改善点なども見えてきます。

他の参加者の方のプレゼンを聞いて「なるほど、こういう方法もあるのか」「良い笑顔でお話する人だなー」等、参考になることも多いです。

良いプレゼンを行うためには?

また、練習会には日本語がそこまで得意でない外国人の方に参加してもらったこともあります。

事前に分からない表現や、文法、漢字を辞書で調べながらプレゼン内容を考えて下さったようで、ノートを少し見せて頂いたのですが、そのノートにはびっしりと、入念な準備の証が刻まれていました。

f:id:businessdeawee:20160628175255j:plain

実際その方のプレゼンテーションは心にささるものがありました。

良いプレゼンテーションを行うためには、本当に入念な準備が必要だなと、改めて気づかされました。

母国語以外でのプレゼンをするというチャレンジ精神や、より良いものにしようという勤勉さを本当に見習わなければならないなと、感じたできごとした。

広告を非表示にする