本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

プレゼンテーションが上手くなるコツは?スティーブジョブズから学んだコト。

スポンサーリンク

f:id:businessdeawee:20151216134721p:plain

突然ですが、皆さん、

プレゼンテーション名人というと誰を思い浮かべますか?

日本だとソフトバンクの孫正義でしょうか?

世界ではやはりスティーブジョブズを頭に思い浮かべるのではないでしょうか?

そんなスティーブジョブズの有名なスピーチがこちら↓

スタンフォード大学の卒業式のスピーチ

www.youtube.com

ちなみにこちらは、スピーチの内容が素晴らしいので有名ですが、よくよく見てみると、ほとんど原稿をぶつぶつ読んでいるだけですよ。

これはこれで有名で素晴らしい動画なのでつい紹介してしまいましたが、プレゼンを学ぶには正直あまり参考になりません。

プレゼンについてはiphoneやipod発表時のプレゼンがありますので、ぜひそちらを参考にしてみて下さい。

プレゼン力を上げるには圧倒的な練習量が必要

ちなみにスティーブジョブズはプレゼンの天才のように思われていますが、彼はプレゼンテーション本番前に、1日何時間も何日間にも渡って、何度も何度も繰り返し練習を重ねるみたいです。

d.hatena.ne.jp

天才でさえ素晴らしいプレゼンテーションを行うためにこれだけの努力が必要なのですから、凡人にはかなりの練習量が必要そうです。

ちなみに、ここでもう一つ大切なポイントがあります。

それは、「本番前日には、緻密に仕上げた構成に従って本番とまったく同じリハーサルを行う」ということです。この、本番さながらの実践を積むというのが大切です。

聴衆に合わせる大切さ

最後にちょっとした紹介をします。

プレゼンというと、先月はFacebookのマーク・ザッカーバーグの精華大学での中国語プレゼンが話題になりました。

forbesjapan.com

この記事を読むと、例えた言語レベルがそんなに高くなく、多少つっかえたりしたとしても、聴衆に合わせた方が好感を持たれるということでしょうか。

言語の問題があるので多少プレゼンが上手くいかなくても大目に見てもらえるというのもあるのかもしれません。

いずれにせよ、聴衆がどういう人達なのか?を考えておくのは、プレゼンを上手に行う上で大切な気がしています。それでは今日はこの辺で。

スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本

広告を非表示にする