本の名言とおすすめの本。

働き方や転職・就活、ビジネススキルやノウハウなどについて書きながら、「本の名言」や「おすすめの本」をご紹介します。

MENU

Wechatは世界最強のSNS?ある中国人の一日が日本人よりも先進的という話。

スポンサーリンク

 f:id:tokyo-deawee:20151205120641j:plain

タイトルでもちょっと煽ってみましたが、つまりは日本よりも中国の方が最近は進んでいることが多いという話です。中国に駐在している日本人の友人も「最近こっちいる方が近未来を感じる」と言うほど、上海や北京での生活は日本より進んでいる部分があるようです。今日はそんな中国人の生活に関して、「Tech in Asia」というメディアで面白い記事があったのでご紹介します。

www.techinasia.com

皆さん、「WeChat」はご存知でしょうか?

「WeChat」は日本の「LINE」みたいなものなのですが、上記の記事は「Wechat」を使った1日を描いたものです。

簡単に説明を交えながら解説していきます。

世界には2種類の人間しかいない。Wechatを使っている人とそうでない人だ。

いきなり面白い始まりですね。

僕は中国人の友人と中国駐在中の友人とやり取りする時しか使いませんが、それほどまでに中国ではWeChatがインフラ化しているということでしょうか。

1. 午前12時、WeChat Groupに商品を投稿

どうやら著者はアイルランドに住んでおり、商品を販売しているみたいです。アイルランドの12時は中国では朝8時。中国では朝に必ずWeChatを見るのが習慣なようで、そのタイミングを見据えて著者は商品をWeChat Group(LINEのGroupみたいなもの?)に投稿しています。そして、投稿した商品に興味を持った顧客がいたようです。

2. 午前2時、WeChat Webにログインして支払いを受付

これはLINEにもありますが、PCからWeChatにログインするということです。著者の言う通りPCからログインすると大変便利です。WeChatで商品の支払いもできるようで

、今朝商品に興味を持った顧客からの支払いを受け付けています。日本でもLINE PAYがありますが、やはりセキュリティが不安です。中国では信頼されているようで、大抵の人が自身の銀行口座とWeChatを連携しているみたいですね。

3. 午前4時、Lucky MoneyをWeChat Groupに送る

seechina365.com

Lucky Moneyは、例えばある金額を設定し、その金額の範囲内のお金をGroupの人達にランダムに配る機能みたいです。お年玉みたいな形で使われることもあるみたいで、今回は著者のWeChat Groupに、新しく入ってくれた人向けに、「入ってくれてありがとう!」みたいな意味も込めて投稿したようです。

4. 午前8時、WeChatのOfficial Accountで記事を読んだり書いたり

要はFacebookのタイムラインみたいなものですかね。タイムラインで記事を読むという。日本ではFacebookのタイムラインを使う方が多いかと思いますが、一応LINEもタイムラインありますよね。LINEのタイムラインにも広告配信が可能になるみたいなのでちょっと気になっています。

5. 午前10時、WeChatで母親とビデオチャット

どうやら中国ではSkypeからWechatにシフトしているようです。ここまで読んでくるとWeChatが様々なSNSの機能を全て持っているツールのように思えてきますね。

6. 午前11時、商品の梱包と配送。もちろん支払いはWeChat

購入された商品を配送するようですが、どうやら商品の配送料もWeChatで支払い済のようです。ここまで「SNSによる決済が身近」だと本当に近未来を感じます。世界中で今この「決済インフラ」を巡って競争がなされている中、日本はクレジットカードの普及率も未だに低いですし中々浸透しない文化なのかもしれませんが。。

7. 午後1時、お買い物。もちろん支払いはWeChat

服の買い物の決済は最近日本のスタートアップのOrigamiさんも始めましたが、中国ではWeChatを使ったりするみたいです。個人的にこの「決済分野」には非常に関心があるので、仮想通貨の動きも含めて一度記事にしようかと思います。

8. 午後6時、夕飯でもずっとWeChat

どうやらお友達とご飯を食べる予定だったみたいですが、中々お店が見つからなかったようです。しかし、そんな時もWeChatを使うと「自分の位置を知らせることができる」みたいですね。その後、無事友人と合流したみたいです。

そして、食事の際中では「レストランのQRコードを読み込み、20%割引クーポン」もゲット!また、「料理は写真に撮ってWeChatで投稿!」すぐさま友達からいいね!が付くみたいな流れでした。

これ、日本だと「Instagram」や「Facebook」などの別のアプリを使う方が多いのではないでしょうか?中国ではどうやらWeChatだけで終わるみたいです。

9. 午後9時、近くにいるWeChat Userを探してみる

実はこの最後の部分が一番面白かったのですが、WeChatで近くのWeChatユーザーを探せてメッセージが送れるみたいです。日本でも似たような出逢い系アプリなどがありますが、近い将来LINEでも実装されるかもしれませんね。

ちなみに他にも、「音声」をテキストに変えてくれたり、翻訳してくれたり、タクシーの予約ができたりと色々便利な機能があるようです。要は色んなSNSの便利な機能を統合したSNSって感じですよね。

 

(ご参考)WeChatについってもっと知りたい方はこちらから。

www.bravesoft.co.jp

写真出典

中国人に「日本人は時代遅れだよね」と見下される日がもうそこまで来ているのかもしれませんね・・・頑張ります。

日本人が知らない中国ネットトレンド

広告を非表示にする